メニュー

胃と戦うオイリーな味。(名古屋駅 來杏)

By _Amonchan, 09/29/2020

來杏に行ってきました。
名古屋には「名古屋式担々麺」というものがあり、麺屋はなびの担々麺は「名古屋式」
の派生型です。もともとは、シャオグイライラ、杏花の系統が名古屋式担々麺の本流
です。來杏もそういう店だと考えます。詳しくは後に記します。

早速、店の中に入ります。カウンタ10席ほどとテーブル4席のこじんまりとしたお店です。席には写真のような説明が。杏花やシャオグイライラとは系列の違う店。彼らは系列店で修行
したとも一言も云っていないので、いわゆる「シャオグイライラインスパイア系」と考
えます。

ワタシ仲本亜門は、今回担々麺の味も確認しつつ、激辛具合も確認しつつ…いやらしい事をしますが、担々麺好きとしては黙ってられなかったのです。
「ハバネロ担々麺、辛さ増し」を頼みました。結構時間待たずに運ばれてきたものは、
なんともまっかっかな風貌。存在感ありありのハバネロがどっさりかかっています。

さっそく実食です、ハバネロがあんまり入っていない部分はおいしいです!しかし、ハバネロ
が合わさってしまうと、相当ハバネロが前面にきてしまう。山椒入の辛味増しをいれると、
さらに辛さが増します。躊躇することなくかき混ぜて食べてみます。うおおおって悶絶したくなる辛さ。

ハバネロは独特の匂いと味があるんですが、これがここの美味いゴマと合わず喧嘩しています。
うう、これならカイエンペッパーマシマシのシャンツーダンダンミェン時代の店のほうがうまかった。

食べ進めていくうちに、オイリーな感じがワタシの胃を攻めまくります。早く終わりたい。
終わりたいけど、ちっともすすまない。そして麺がスープを吸ってだんだんクタクタになっていく。

なんとか頑張ってスープを吸い込みました。のこりは麺です。麺、ハバネロ粉がところどころに
入り込んで超強敵です。水で舌を洗いながら完食です。

杏花でノーマル食べたくなった…。