ももてつ

かろうじて旨辛な(栄駅 ももてつ)

By _Amonchan, 10/28/2020

ももてつ2回目のチャレンジです。

前回、LMFAOで悶絶死寸前だったので、今回はさすがに完食して帰りたいと思いました。
その前に、一つお知らせが……。激辛好きでユーチューブも配信されているやっさんが、
既にLMAFOを30分以内で完食したらしく、コレはヤバいぞって思ったところです。

しかしながら、LMFAOのハードルはまだまだ高いのでは?と思ったので、店主に「今回
は閻魔でよろしくお願いいたします。」と申告しました。

調理中、激辛が苦手な人がももてつ横の廊下を通過するたびに悶絶するゴホゴホの声。
しかし、ワタシの中ではこれは完食して帰りたい気持ちでいっぱいでした。
さて、調理すること10分ほど。赤い悪魔がテーブルの上に。着丼です。

閻魔

スタートです。まずスープから。スープはドロドロではありません。比較的さらさらして
おり、タンメンスープの味の存在は維持しつつも、激辛な刺激が入ってきます。味はその
スープの味4割、ブートジョロキアの味6割といったところでしょうか。しかし、ブートジ
ョロキアだけでなく、他の唐辛子も入っていて、なかなかのツワモノです。とはいえ、具は
とても美味しく、前回のLMFAOは一体なんだったんだと思うくらいやや安心できます。

ワタシ的には悶絶するような辛さではないのですが、時々舌をやられるので、水で舌を濯が
ないとうまく食べれません。また、時折鼻を噛まないとむせる原因にもなります。油が結構
ジョロキアに溶け込んでいて、痛辛っぽさを出してきます。顔中汗だらけで、床は汗で水浸し
です。おはずかしい。お店が満員だったら、すげー恥ずかしくてはよ帰りたいってなるかも。

麺スープ、麺スープと、急いで駆け込んで、ようやく麺が終わり、お玉1/3分のスープが残ります。
さ、最後だ躊躇なくスープを飲み込め……。完食です。

完食

深く路上で倒れないように身体を温めた状態で帰宅です。
次はついにLMFAO?考えておきます。

最後に……、ももてつさんのInstagramに乗っけてもらいました。ありがとうございます!